ベンツ W210 (AT不調修理)

今回は、AT不調修理でお預かりした、99年 ベンツ W210の修理内容です。

走行中ATの変速がおかしく、シフトアツプしない、が、エンジンを1度切って再度かけなおすと、正常になり、数日経過すると、またATの変速がしない!という繰り返しの症状らしいのですが、

▼まずは車の診断です。車両コンピューターへ、診断機をつないで、トラブルコードというものを探します。

診断機

ランチテックという診断機を使います。

W210は、電子制御ATですので、ATコントロールユニットのトラブルコードが、検出されました。この診断機の結果で、故障パーツの箇所が特定することができました。

ATコントロールユニット交換

まずは、リフトで車体をもち上げます
ATオイルパンをはぐると、黒いパーツがでてきます

ATコントロールユニット

このパーツがATコントロールユニットです。
ATストレーナーも写っています。

(言い訳ですが、この交換風景撮り忘れました、なんせ、この作業、パーツがオイルに浸かっているものですから、お手手がオイルまみれでの作業となります。デジカメの安全確保?かなりの精密なパーツの取替え作業ですので、集中力確保のため撮り忘れました。)

最後にトラブルコードリセット確認

納車準備完了

そして納車準備完了です!

カテゴリー: 施工事例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です